サンプドリアのストライカー、マウロ・イカルディはインテルからの関心を歓迎している。イカルディは今夏インテルへ移籍すると予想されており、『コッリエレ・デッロ・スポルト』が以下のように報じている。

「その話を聞いてとても嬉しいよ。移籍市場についての話は自分向きじゃない。でも、インテルの噂は嬉しかったよ。彼らは素晴らしいチームだし、アルゼンチン出身の多くの素晴らしい選手たちがいる」

「サン・シーロは美しいスタジアムだし、自分の思い出に一生残るだろうね」

「まだあそこでプレーした事はないんだ。行ったことはあるけど両方ともベンチだったんだ」

なお、サンプドリアの監督を務めるデリオ・ロッシも今夏での売却を感じているようだ。イカルディは昨夜ユヴェントスに勝利するゴールを決めている。

「何人かの選手を失う事になるのはわかっている。イカルディが重要なオファーを受け取れば、彼はサンプドリアを去るだろう。私の知る限りでは、残念だが、そのオファーがやってきている」

「ペドロ・オビアングとネナド・クルスティチッチ?誰かは残さないといけないね。そうでなければ来季は私だけになっちゃうじゃないか!」

バルサとレアルを天秤にかけるサントス

サントスがブラジル代表FWネイマールに関するバルセロナからのオファーを断ったと報じられている。サントスの副会長、オディリオ・ロドリゲスはバルサとの話し合いを継続しているとしながらも、レアル・マドリーからのオファーも期待しているようだ。

「ネイマールに関する合意は何もない。話し合いはあるよ。(バルセロナの会長の)ロッセルとは会ったし、(スポーツ・ディレクターの)ラール・サンジェリとも先週会ったよ」

「我々はとてもフランクに会話をした。オファーが充分ではなかったから話し合いは続ける必要があるね」

「レアル・マドリーがオファーをしてくるのはわかっているよ」

ピルロ、レアル・マドリー移籍の噂に興味を示さず

ユヴェントスのMF、アンドレア・ピルロはレアル・マドリーから関心を示されているという話を軽く見ているようだ。レアル・マドリーの新監督にカルロ・アンチェロッティが就任するという噂がある事からピルロも移籍するのではないかと噂されている。

「何年も前からそういう噂が出回っているけど、僕にはユヴェントスとの契約がある」

「ここで満足だし、僕らは勝ち続けているし、僕らはまた勝ちたい。自分には何も問題がないと思うよ」

 

 

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】