プレミアリーグのリヴァプールはアンジ・マハチカラのMFのヴィリアンの獲得に迫っているようだ。

ブラジル代表MFの獲得競争についてはニューカッスルも参戦したと『Mirror』が報じているが、アンフィールドの情報筋は1500万ポンドで獲得できると考えているようだ。ヴィリアンは同胞であるオスカルやダヴィド・ルイスがチェルシーで、そしてトッテナムでサンドロが活躍しているように、自らをプレミアリーグで試したい意思を明らかにしている。

ヴィリアンは1月にシャフタールからアンジ・マハチカラへと移籍したばかりだが、アンジ・マハチカラはクラブ経営の見直しを測っており、高給選手を放出する意向を示している。

マルティーノ、ネイマールの起用法などについて語る

バルセロナの新監督、ヘラルド・マルティーノはブラジル代表FW、ネイマールに非常に期待しているようだ。

マルティーノはネイマールがすぐにカンプ・ノウで居場所を見つけるだろうと語っている。

「ネイマール以上にバルセロナに何かをもたらす事ができる選手を想像するのは難しい」

「彼はメッシや他の選手たちと仲良くしており、快適そうに見えるよ。我々がすべき唯一の事は彼をチームに入れる際に論理的になることだけだ」

「我々はプレッシャーかけることなく彼を少しづつチームにフィットさせたい。ネイマールについては慎重に取り扱うだろう。だが、彼は素晴らしい選手であり、多くのものをチームにもたらしてくれるはずだ」