アンジ・マハチカラのブラジル代表MF、ヴィリアンは今日中にも移籍先を決めるのではないかといわれている。

『The Times』によればヴィリアンはトッテナムかリヴァプールか移籍先を決めるという。トッテナムの指揮官、アンドレ・ヴィラス=ボアスはヴィリアンの取引においてクラブが遠ざかっていると語っているが、リヴァプールを上回る可能性があると同紙は報じている。

リヴァプール、L・ダミアオンに注目か?

リヴァプールがインテルナシオナウのストライカー、レアンドロ・ダミアオンの獲得に動いていると『People』が報じている。

同紙によればルイス・スアレスを失う事を恐れたリヴァプールが急遽ダミアオンに接触しているという。ダミアオンはトッテナムが追いかけ続けているがこの夏の移籍は難しいのではないかと見られている。

ダミアオン本人は欧州挑戦の意思があり、リヴァプールの指揮官、ブレンダン・ロジャーズはクラブのアタッカーを次のレベルに引き上げる存在として注目しているようだ。

エヴァートンの2大スターの獲得は困難?

エヴァートンのマルアヌ・フェライニの移籍先にアーセナルが再び急浮上した。マンチェスター・ユナイテッドとの獲得競争になった報じられているが、やはり獲得は困難と見る向きが強そうだ。

マンチェスター・ユナイテッドは2800万ポンドでフェライニとSBのレイトン・ベインズにオファーを送ったが既にグッディソン・パーク側からは「安すぎる」と一蹴されている。これはデイヴィッド・モイーズ監督にとってベインズへの2度目のオファーだが、フェライニに対する公式オファーは初めての事であった。

エヴァートンが公式に拒否した事で獲得を再検討しているアーセナルにも黄色信号が灯ったと『Manchester Evening News』が報じている。アーセナルはこの夏まだ全く動けていない。