元イングランド代表監督のスヴェン・ゴラン・エリクソンはリヴァプールの指揮を執るのが夢だったと明かしている。

現在65歳のエリクソンは現在中国の広州富力足球倶楽部で指揮官を務める傍ら、ドバイのアル・ナスルでテクニカル・ディレクターも務めている模様。ラツィオやマンチェスター・シティで指揮を執った名将は『talkSPORT』で以下のように語っている。

「かつてはリヴァプールを指揮するのは常に私の夢だった」

「私はずっとリヴァプールのファンなんだ。私の父もリヴァプールファンだったから家族全体だね。リヴァプールは最近数年に比べて今季はとても良くやっているよ。プレミアリーグを勝ち抜く事ができるの望んでいるよ。なぜなら長い間優勝していないからね」