今回はブンデス公式You Tubeチャンネルが選定した、歴代の口ひげを生やしたブンデスリーガーや監督らをピックアップした映像をご紹介。

最近の選手では、フランクフルト所属で童顔なバルネッタやシャルケのノイシュテッター&ヘヴェデスが登場。ケルンのDFマローとMFハルファーは互いの髭を引っ張り合っているシーンも。その他には、とても濃い口ひげを蓄えたときのヴォルフスブルクMFジエゴや元ブレーメン監督トーマス・シャーフ、ルディ・フェラーなどが紹介されている。

かつてのドイツではよく見られたイメージのあるこのスタイルも最近では少なくなってしまった印象。近年の選手と比較すると、やはり往年のブンデスリーガーたちの方がこの口髭ファッションを我が物にしているだろうか。なお、動画のコメント欄では「アリ・ダエイを忘れているぞ!」との声もあがっているようだ。