《歴代ワースト10はこちら》

1月もまもなく後半戦。

1月の移籍マーケットもいよいよ佳境を迎えようとしている。

今回は、英国メディア『Telegraph』が過去のプレミアリーグで成立した1月の移籍の中からベスト10を発表している。ご紹介しよう。

【January transfer window: The 10 best signings by Telegraph】

No.1 ルイス・スアレス(アヤックス→リヴァプール)
<2250万ポンド, 2011年>

No.2 パトリス・エヴラ(モナコ→マンチェスター・ユナイテッド)
<700万ポンド, 2006年>

No.3 ミケル・アルテタ(レアル・ソシエダ→エヴァートン)
<200万ポンド, 2005年>

Np.4 クリストフ・デュガリー(ボルドー→バーミンガム・シティ)
<2004年>

No.5 ネマニャ・ヴィディッチ(スパルタク・モスクワ→マンチェスター・ユナイテッド)
<720万ポンド, 2006年>

No.6 クリント・デンプシー(ニューイングランド・レボリューション→フラム)
<200万ポンド, 2007年>

No.7 アシュリー・ヤング(ワトフォード→アストン・ヴィラ)
<800万ポンド, 2007年>

No.8 ハビエル・マスチェラーノ(ウェストハム→リヴァプール)
<1800万ポンド, 2007年>

No.9 ロベルト・マルティネス(マザウェル→ウォルソール)
<2003年>

No.10 ダニエル・スタリッジ(チェルシー→リヴァプール)
<1800万ポンド, 2013年>