現地時間6日、マンチェスター・ユナイテッドのネマニャ・ヴィディッチが今シーズン限りで同クラブを退団すると発表した。

2006年にスパルタ・モスクワから移籍し、リオ・ファーディナンドともともに世界最高クラスのDFコンビを形成したヴィディッチ。2011年からはチームのキャプテンに任命されるなど、その統率力と対人守備能力の高さから同クラブの一時代を築いたことでも知られている。

そんなマンチェスター・ユナイテッドには現在リオ・ファーディナンド退団の噂もまことしやかに囁かれており、翌シーズン、新たなCBを獲得する可能性が高くなっている。

今回は、『Mail Online』の記事から「マンチェスター・ユナイテッドの守備陣を立て直す11人のCB」をご紹介することにしよう。

No.1 エリャキン・マンガラ(ポルト)
<1991年2月13日生まれ, 22歳, フランス国籍>
獲得の可能性:★☆☆☆☆

No.2 ファビアン・シェア(バーゼル)
<1991年12月20日生まれ, 22歳, スイス国籍>
獲得の可能性:★★★☆☆

No.3 クリアコス・パパドプロス(シャルケ)
<1992年2月23日生まれ, 21歳, ギリシャ国籍>
獲得の可能性:★★☆☆☆

No.4 ハビ・マルティネス(バイエルン・ミュンヘン)
<1988年9月2日生まれ, 25歳, スペイン国籍>
獲得の可能性:★★☆☆☆

No.5 エセキエル・ガライ(ベンフィカ)
<1986年10月10日, 27歳, アルゼンチン/スペイン国籍)
獲得の可能性:★☆☆☆☆

No.6 マッツ・フメルス(ボルシア・ドルトムント)
<1988年12月16日生まれ, 25歳, ドイツ国籍>
獲得の可能性:★☆☆☆☆

No.7 ヨナタン・ター(ハンブルガーSV)
<1996年2月11日生まれ, 17歳, ドイツ/コートジボワール国籍>
獲得の可能性:★★★☆☆

No.8 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
<1986年3月30日生まれ, 27歳, スペイン国籍>
獲得の可能性:★★☆☆☆

No.9 メフディ・ベナティア(ローマ)
<1987年4月17日生まれ, 26歳, モロッコ/フランス国籍>
獲得の可能性:★★☆☆☆

No.10 イニゴ・マルティネス(レアル・ソシエダ)
<1991年5月17日生まれ, 22歳, スペイン国籍>
獲得の可能性:★★★☆☆

※年齢は2014年2月8日現在

編集部SのオススメはハンブルガーSVに所属するヨナタン・ター。今シーズン、不調のハンブルガーSVで弱冠17歳にしてレギュラーを掴み、ベルト・ファン・マルワイク監督からも信頼される逸材である。

ちなみに生まれは1996年2月生まれ。当時、ライアン・ギグスはすでに選手として活躍していたというからこれまた驚きである。


【特集】サー・アレックス・ファーガソン前監督が獲得した99選手とその評価