佐藤寿人のスーパーボレーで追い付くと、後半アディショナルタイム5分のゴールで川崎フロンターレを下し開幕連勝を飾ったサンフレッチェ広島。

その決勝点を決めた広島のDF塩谷司の強烈なFKがこちら。

ゴール右隅に突き刺す強烈FK!

現在25歳の塩谷。2012年にJ2・水戸ホーリーホックより広島へ加入して以降、試合毎に伸び盛りの10代若手のような速度で成長を遂げている。人へ強い守備はもちろんボール奪取後にドリブルで持ち上がってからのミドルシュートなど高い攻撃力も魅力で、開幕のセレッソ戦に続き2週連続で決勝点を決めた。

日本代表監督アルベルト・ザッケローニが求める3バックと4バック、センターバックとサイドバック的なプレーのどちらにも対応ができ、Jサポーターから代表に推す声は非常に強いが、まだA代表へ招集されたことはない。

攻撃陣の人材が豊富になってきた日本代表だが守備陣は昨年から失点を重ねており、5日に行われたニュージ-ランド戦でも2失点。ワールドカップ本番を目前に控え未だ課題を解消出来ないでいる。とはいえただでさえ攻撃以上に経験や連携がモノをいうポジション。5月に予定されている最終メンバー発表の前にもう新たな人材をテストする実戦の場はないだけに安易にサプライズを推す、期待するのは難しいだろう。それを承知したうえでも是非呼んで欲しい、国際舞台で見てみたいと思える選手だ。

どちらにせよ、いずれ代表に入ってくる逸材であることは疑いの余地がない。これからも塩谷のプレーに注目だ。