3月27日、イングランド2部・フットボールチャンピオンシップのドンカスター・ローヴァーズは「ワトフォードからオーストラリア代表DFルーカス・ニールを獲得した」と発表した。契約は1ヶ月の期限付き。

ルーカス・ニールは1978年生まれの36歳。昨年大宮アルディージャに所属したことでも話題を集めたオーストラリア代表のキャプテンである。

2月末にワールドカップに向けて出場機会を得るため、ワトフォードへ加入したものの、それからの1ヶ月でわずか一度の途中出場しか出来ずにいた。

クラブ公式

ルーカス・ニール

「全てが迅速に動いた。2週間前にワトフォードがドンカスターでプレーしたときに、ポール・ディコフ(ドンカスター監督)と話をした。

私はベンチから見ていて気づいたアイデアを彼に話した。そして2週間後、彼からアプローチがあった。

彼は私がファーストチームでプレーすることが難しいことを知っていた。同時に、彼は私に成長できるチャンスをくれた。出場機会を得るための競争というチャンスを。

私はここに来た。本当に幸せなことで、興奮している。ワトフォードではベンチに座ってフラストレーションを感じていた。それには慣れていない。

しかし、このチームでも道は用意されていない。権利を得なければいけない。それはトレーニングで順調なスタートを切って、仲間を早く知らなければいけないということを意味する。

なぜなら、もう8試合しかないからだ。我々はチームとして戦わなければならないし、上手くいけばシーズンの最後には成功を収められるだろう。

(ポール・ディコフ監督について)

彼はブラックバーン時代、良い友人だった。そして、良い選手だった。我々はフィールド上で共に働き、自然に尊敬の念を抱いていた。

我々は同じように試合に対する情熱を持っているし、多くの共通理解と、勝利に対する渇望がある。

私はそれを失っていない。ポール・ディコフと話したが、それは私と同じだったよ」

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名