インテルの会長エリック・トヒル氏が、来夏の移籍マーケットでのターゲットについて意思を明かしている。

昨年末にインテルの新会長に就任したインドネシアの資産家エリック・トヒル氏。クラブ初の外国籍オーナーとして注目を集めたが、来る夏の移籍マーケットに向けては大きな野望があるようだ。

英国『Independent』によると、来夏の移籍マーケットではストライカーの獲得が必須だと考えているようだ。

Independent

エリック・トヒル(インテル会長)

「我々は来夏、ストライカーを獲得するだろう。そしてその選手とは、ヨーロッパ基準の選手であるはずだ。

我々のリストには、多くの候補者の名前がある。

報道ではエディン・ジェコやアルバロ・モラタ、フェルナンド・トーレスといった選手の名前が挙がっているね。もしそれらのうちの誰かが加入することになれば、素晴らしいことだ」