イタリア代表が来るブラジルW杯に向け、日本人のアスレティックトレーナーと契約したと『Football ITALIA』が伝えている。

大会屈指の強敵が揃うグループに振り分けられ、決勝ラウンド1回戦で日本代表とも対戦する可能性のある“アッズーリ"ことイタリア代表。

そんな彼らが契約したのは、スポーツセラピストのYamamoto Takahiro(漢字不詳)氏。プレミアリーグのウェストハムでセラピスト(本人はアスレティックトレーナーと記載)として働き、ウェールズサッカー協会のスタッフとしても活躍していたという。

そんなYamamoto氏はこれまでにもフィオレンティーナ、ボルトン、ローマ、パルマ、ボローニャといった名門での実務経験を経ており、このほどイタリア代表チームの一員としてW杯という大舞台に帯同することが決まった。

記事によると、スポーツセラピストとは選手から怪我を妨げ、筋肉系のトラブルの回復を手助けする職種のようで、選手のコンディションを改善させることが主な任務だと言える。

ちなみに、W杯に出場する代表チームで働く日本人スタッフには、韓国代表のフィジカルコーチ池田正剛氏がいる。池田氏は2012年のロンドン五輪でも韓国代表チームのフィジカルコーチとしてチームの銅メダル獲得に貢献し、ホン・ミョンボ監督からも絶大な支持を寄せる日本人スタッフとしてその名をあげた。