Skysports』は「トッテナム・ホットスパーのブラジル代表MFサンドロは、イタリア・セリエAのクラブへの移籍を希望していることを表明した」と報じた。

2010年にインテルナシオナウからトッテナム・ホットスパーに移籍したサンドロ。イングランドでの4シーズンで81試合に出場し3ゴールを記録した。

契約は2016年まで残っているものの、先日はセリエAのナポリやローマからオファーがあると報じられた。代理人は正式な話ではなかったと言いつつも、セリエAへの興味を隠さなかった。


ルイス・パウロ・シニャール サンドロの代理人

「ナポリとローマに関心を持たれているという話については、直接連絡があったわけではないし、正式なオファーはなかった。

我々は多くのクラブがサンドロに注目していることを知っている。彼はセリエAでプレーしたいと考えている。とても大きなチャンピオンシップであるが、まずはトッテナム・ホットスパーを離れられるのかどうかを確かめなければならない。

彼はロンドンで快適に過ごしているし、ファンとはいい関係を築いている。そのためトッテナム・ホットスパーは彼を留めたいだろうが、いいオファーが来れば売却する決断をする可能性は排除できない」