6月11日、トルコ1部のガラタサライは公式サイトで「ロベルト・マンチーニ監督との契約を双方合意のもとで解除した」と発表した。

ロベルト・マンチーニ氏は1964年生まれの49歳。ラツィオやインテル、マンチェスター・シティで指揮を執ってきたことで知られるイタリア人監督。2013年10月1日にガラタサライと契約してシーズンを戦い、今季はトルコリーグ2位、トルコカップ優勝という結果を残した。

彼の契約期間は3年であったが、今夏チームとマンチーニ監督はお互いの合意の上で残りの2年をキャンセルし、別々の道を歩むことになった。

なお、マンチーニ氏は現在ラツィオの来季の監督になるのではないかと噂されている。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】