グループDを戦うイタリア代表はイングランドとの初戦に2-1で勝利した。

負傷により守護神ブッフォンを欠いたイタリアだったが、マルキージオとバロテッリのゴールで勝ちをもぎとった。そして、この試合では素晴らしいパス成功率を記録していたようだ。FIFAの公式HPが伝えている。

それによれば、イタリアのパス成功率は93.2パーセント。これはワールドカップの試合では1966年以降で最高の数字だという。 個別でみるとデ・ロッシが110本中104本で94.6パーセント、ピルロも112本中103本で92パーセントという高い数字を残した。

代表戦ここ7試合で6分け1敗と勝ちがなかったアズーリ。この試合で勝利したことにより、1950年代に記録した8戦連続未勝利という不名誉な数字に並ぶことを回避することが出来たとも同HPでは伝えている。

この試合のハイライトはこちら