クリスタル・パレスの指揮官、トニー・ピュリスはアーセナルが保有権を持つコスタリカ代表FWジョエル・キャンベルに注目しているようだ。

『Daily Mail』によれば、ピュリスはアーセナルに対してローン移籍を求めるつもりのようだが、キャンベルについてはミランも興味を示している。ミランの関心はアーセナルが獲得に興味を示すミランのマリオ・バロテッリの移籍に関連して報じられているものであり、『Tuttosport』が「アーセナルはミランに対してコスタリカ代表FWジョエル・キャンベルの譲渡をするという提示をした」と報じている。

2013-14シーズンはギリシャのオリンピアコスでプレーしたキャンベルは32試合に出場し8ゴールを奪っている。