8月12日、『Skysports』の新たな欧州サッカーチャンネルがオープンすることを記念して、イングランドの有名贋作画家であるジョン・マイアットが5つの絵画を作成、公開した。『Independent』がそれを紹介している。

ジョン・マイアット氏はかつて有名な絵画の贋作を描き多額の収入を得たことで知られていた画家。元の絵画と寸分違わぬタッチで再現する高い技術を持っていることで有名であり、現在は贋作を贋作として販売しており、人気を集めている。

まずはジェラード。ジョシュア・レノルズによるジョン・バーゴイン将軍の肖像画風。

イニエスタはパブロ・ピカソによるドラ・マールの肖像画風。さすがに正確にピカソのタッチを表現するとイニエスタと分からなくなるので相当に控えめですね。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの肖像画風になったのはアリエン・ロッベン。元の絵のほうが髪がありますね……

クリスティアーノ・ロナウドはコランバーノ・ボルダロ・ピニェイロのタッチで描かれたポルトガルの詩人アンテロ・デ・ケンタルの肖像画風。

最後はピルロ。これはさすがに説明する必要もない、ダ・ヴィンチの名画モナリザ風。

なお、ジョン・マイアット氏の他の作品は公式サイトから見ることが出来る。