ガボン代表監督を務めているジョルジュ・コスタ氏は、9月6日に予定されているアンゴラ戦、10日に予定されているレソト戦に臨むメンバー23名を発表した。

代表の重鎮と言える存在であったダニエル・クザンは37歳になったこともあってかメンバー落ち。中国への移籍を決断したエリック・ムルンギもチームを離れている。

メンバー全体を見れば、かなり若返りを果たすとともに、元フランスU-21代表のフレデリック・ビュロを引き入れるなど戦力の増強に努めていることが読み取れる。同時に、オーバメヤングやエケレ・マンガが中心選手としてチームを引っ張る立場になったともいえる。


GK:

ディディエ・オヴォノ(オーステンデ/BEL)

アントニ・エムファ(メス/FRA)

イヴェス・ビツェキ・モト(ムナナ)

DF:

ブルーノ・エケレ・マンガ(ロリアン/FRA)

アンリ・ジュニオール・エンドング(オセール/FRA)

エマヌエル・エンドング(ムナナ)

ジョルジュ・アンブルエ(ムナナ)

エルワン・エングマ(ビタン)

ロイド・パラン(ニース/FRA)

イルンデュ・ムサヴ=キング(カーン/FRA)

バンジャマン・ゼ・オンド(ESセティフ/ALG)

MF:

アンドレ・ビヨゴ・ポコ(ボルドー/FRA)

サンソン・エンバンギ(MCアルジェ/ALG)

レヴィ・マダンダ(セルタ/ESP)

カンガ・ゲロール(ロストフ/RUS)

フランク・エンゴンガ(ムナナ)

ディディエ・エンドング(スファクシャン/TUN)

FW:

ピエール・オーバメヤング(ボルシア・ドルトムント/GER)

フレデリック・ビュロ(スタンダール・リエージュ/BEL)

マリック・エヴナ(WACカサブランカ/MOR)

ロマリック・ロゴンベ(レオパルズ/CON)

ジョアン・レングアラマ(アル・ジャディーダ/MOR)