今年1月、エラス・ヴェローナからナポリへと引き抜かれたMFジョルジーニョ。

攻守に渡って精力的にプレーする22歳の若きMFはナポリでも主力としての地位を固めつつある。 そんなジョルジーニョが聖堂前で子供たちと一緒にボールで遊ぶ姿がキャッチされ話題になっている。

『corrieredellosport』によれば、ジョルジーニョ本人なのか半信半疑だった子もいて「ジョルジーニョなの?」と尋ねたという。 本人は「そうだよ、僕はジョルジーニョさ」と答えるも、まだ信じられない子もいて、「証拠を見せてよ!」となったそうで、ジョルジーニョは見事なテクニックを披露することになったとか。 これで、ようやく本人だと気づいた子供たちから写真をせがまれることになったそう。

子供たちにとって憧れの選手との遭遇はきっといい思い出になったはず!