9月22日、インディアン・スーパーリーグのチェンナイ・タイタンズは「元ブラジル代表MFエラーノ・ブルメルと契約した」と公式発表した。

数日前からミカエル・シルヴェストル、マルコ・マテラッツィ、そしてエラーノと契約するという話は公式から出ていたのだが、それがようやく正式なサインに至った。

エラーノ・ブルメルは1981年生まれの33歳。名門サントスでプロデビューを果たし、2004年にシャフタール・ドネツクへ移籍し欧州へ。2007年にはマンチェスター・シティと契約し、プレミアリーグでも活躍を見せた。

2011年にガラタサライを退団してからはブラジルに戻り、サントス、グレミオ、そして今年の前半戦ではフラメンゴにレンタル移籍してプレーしていた。

インディアン・スーパーリーグの中では動きがかなり遅れていたチェンナイ・タイタンズであったが、ここにきて大物選手を次々と獲得し、一気にチームの形を整えてきた。

ちなみに、チェンナイ・タイタンズはイタリア・セリエAのインテルが資本参加しており、マテラッツィ、シルヴェストルの両名も元インテルである。そして奇しくもエラーノもインテルナシオナウ(ブラジルの方)のユース出身である。狙ったわけではないだろうが……