(※タイトルを修正しました)

2014年W杯以降、スペイン代表にも定着し始めたのはアスレティック・ビルバオMFアンデル・イトゥラスペ。ビルバオの中心選手であり、ハビ・マルティネス同様、大型のボランチとしてさらなる成長が期待されている。

2008-09シーズンのデビュー以降、ビルバオで出場機会を積むイトゥラスペ。現地時間21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第12節エスパニョール戦が自身196試合目の試合だったのだが、この試合でイトゥラスペはゴールを記録した。その時の映像がこちら。

ゴールまで25mあたりの距離から迷わず振りぬく!

若干ドライブ回転がかかったボールはゴール左ポストへと当たり、これには相手GKも見送るしかなかった。