インテルの指揮官、ロベルト・マンチーニ監督はマンチェスター・ユナイテッドのストライカー、ロビン・ファン・ペルシーの獲得を狙っているようだ。

2012年、マンチェスター・シティの監督時代にもファン・ペルシーの獲得に挑んだマンチーニ。オランダ代表FWは最終的にアーセナルからユナイテッドへ移籍することを決断しているが、インテルの指揮官に復帰した今回こそファン・ペルシーを獲得したいと考えていると『Telegraph』が報じた。

ユナイテッドとファン・ペルシーの契約は来シーズンいっぱいとなっている。ユナイテッド側はファン・ペルシーとの契約を延長したいと考えているが、負傷しがちである事が気にしているようだ。先日行われたアーセナル戦ではわずか13タッチに終わるなど、調子はあまりよくない。来年の夏に32歳になる事を考えると、現在受け取っている週給25万ポンド(およそ4600万円)は高額と言わざるを得ないだろう。

なお、ファン・ペルシーのパフォーマンスは低下しはじめているものの、マンチーニはセリエAではフィットできると考えているようだ。アーセナル退団時はユヴェントスへの移籍が噂されるなど、ファン・ペルシーがセリエAに参戦するという噂は根強い。1000万ポンド(およそ18億円)で獲得可能といわれているが、インテルのエリック・トヒル会長がベテラン選手の獲得にGOサインを出すかどうかは怪しい所だろう。