中国サッカー協会は5日、アメリカのスポーツ用品メーカー、Nike(耐克)と長期のパートナーシップ契約を締結したことを発表した。

china-2015-nike

日本同様、長くadidasとの協力関係を築いてきた中国。日本サッカー協会は今年から2022年までの約8年間、総額250億円でadidasとの契約を更新したことが伝えられているが、中国は新たな道へ進むことを選択した。

Nikeが今回結んだ契約は、2015年から2026年までの11年間。契約金は明らかになっていないが、安くないことは間違いない。

同社は既に中国のトップリーグである中国スーパーリーグと独占契約を結んでおり、リーグに所属する全16チームのサプライヤーを務めている。

なお、今月9日に開幕するアジアカップでも、このNike製のユニフォームを着用することになるようだ。

china-2015-nike

China 2015 Nike Home

china-2015-nike

China 2015 Nike Away

あまり時間がなかったのか、今回は赤のホーム、白のアウェイともに汎用のテンプレートを使ったデザインに。

中国のアジアカップ初戦は10日、サウジアラビアとブリスベンで対戦する。