イタリアの報道によれば、PSGはパレルモのストライカー、パウロ・ディバラと、アトレティコ・マドリー監督、ディエゴ・シメオネに注目に注目しているようだ。

来シーズンの補強としてPSGが考えているのはパレルモでブレイク中のヤングスターの獲得であり、指揮官の交代も考えていると『Sky Sports』が報じている。ディバラは新契約についての話し合いを数週間にわたって続けているが、未だに契約延長が決まっていない。PSGはストライカーの補強を望んでおり、ディバラをターゲットとしているようだ。

また、指揮官の交代も検討しているようであり、シメオネを招聘することも考えているとのこと。シメオネはディバラを気に入っていることもディバラ獲得に動く要因の1つであるという。

ディバラについては欧州の競合クラブがこぞって関心を示しており、アーセナル、ドルトムント、リヴァプールなどへの移籍が噂されている。