日本人対決でも注目を集めたブンデスリーガ第21節、アイントラハト・フランクフルト対シャルケの一戦。

ベンチスタートだった乾貴士には出番はなかったものの、長谷部誠と内田篤人がそれぞれフル出場を果たした。

そんな試合の前にフランクフルトサポーターたちが見せたコレオグラフィ―が熱い!と現地でも話題になっているようなので紹介。

ドイツでも屈指の熱狂度を誇るアイントラハト・フランクフルトのサポーター。選手入場とともにヴァルトシュタディオンには、EINTRACHT FRANKFURTの真っ赤な文字と、クラブロゴが見事に浮かび上がった。まさに壮観!

なお、試合は FWルーカス・ピアゾンのヘッド(ウッチ―のカバーも一歩及ばず…)が決勝点となり、フランクフルトが1-0で勝利を掴んでいる。

別角度から撮影した動画もナイス!