無所属期間を経て、今年2月にオランダ1部のNACブレダへ加入した元オランダ代表MF、デミー・デ・ゼーウ。

当初はアマチュア契約だったものの、新天地デビューとなったADO戦ではいきなりの2ゴールとその実力をみせつけた。

そのデ・ゼーウが直近のトゥウェンテで見せたプレーがすごかった。

足元に収めてから一度ボールを浮かせると、相手ゴールに完全に背を向けたまま背後を走る味方FWへノールックでスルーパス!

トゥウェンテの陣形も崩れているが、一瞬どちらが相手ゴールなのか分からなくなるほど、ありえない方向を向いてのパスだった。きっと味方が走っているはずと思って蹴ったのかもしれないが、視野の広さには脱帽である。 まだ31歳、もう一花咲かせることも十分可能なはずだ。

なお、試合は1-1の引き分け。NACは現在18チーム中17位となっている。