ヴァヒド・ハリルホジッチ監督率いる新生日本代表は27日、大分で行われたキリンチャレンジカップ2015において、チュニジアを相手に2-0の快勝を収めた。

新戦力の川又堅碁や藤春廣輝なども光るプレーを見せたが、最後は岡崎慎司、本田圭佑、香川真司らW杯メンバーが中心に2ゴール。W杯予選前最後の試合となる次のウズベキスタン戦でどんなスタメンが組まれるのか、非常に気になるところである。

その日本代表がチュニジア戦の翌日に行った練習の様子を日本サッカー協会(JFA)が公式チャンネルで公開している。

選手たちがJFAの原博美専務理事と言葉を交わすシーンに始まり、練習の合間のちょっとした会話などもなかなか新鮮。最後に行われたワンタッチ縛りのミニゲームでは、岡崎が豪快なバイシクルシュートを決める様子も収められている。

最後はみんなでゴールの片づけ。

珍しく「キリン」ではなくではなく「JAL」が特別協賛を務めるJALチャレンジカップ2015、ウズベキスタン戦は、31日(火)に東京・調布の味の素スタジアムで開催。試合は19:25にキックオフされる。