チュニジア、ウズベキスタン相手に勝利を収め、最高の船出となったハリルホジッチ新監督。日本代表の監督が初戦から2連勝したのはイヴィチャ・オシム監督以来9年ぶりとなった。

前任のハビエル・アギーレは2014年9月5日の初陣でウルグアイ相手に敗戦、続くベネズエラ戦で引き分け1分1敗のスタートだった。アルベルト・ザッケローニ、岡田武史は1勝1分となっており、概ね幸先の良いスタートをきっている。

一方、2連勝で船出を飾った監督はオシム以外おらず幸先の良いスタートとなった。

過去20年間の歴代日本代表監督の初陣の結果は以下

ヴァヒド・ハリルホジッチ 2勝
2015年3月27日 VS チュニジア ○ 2-0
2015年3月31日 VS ウズベキスタン ○ 5-1

ハビエル・アギーレ 1分1敗
2014年9月5日 VS ウルグアイ ● 0-2
2014年9月9日 VS ベネズエラ △ 2-2

アルベルト・ザッケローニ 1勝1分
2010年10月8日 VS アルゼンチン ○ 1-0
2010年10月12日 VS 韓国 △ 0-0

岡田武史(二回目) 1勝1分
2008年1月26日 VS チリ △ 0-0
2008年1月30日 VS ボスニア・ヘルツェゴビナ ○ 3-0

イヴィチャ・オシム 2勝
2006年8月9日 VS トリニダード・トバゴ ○ 2-0
2006年8月16日 VS イエメン ○ 2-0

ジーコ 1分1敗
2002年10月16日 VS ジャマイカ △ 1-1
2002年11月20日 VS アルゼンチン ● 0-2

フィリップ・トルシエ 1勝1敗
1998年10月28日 VS エジプト ○ 1-0
1999年3月31日 VS ブラジル ● 0-2

岡田武史(一回目) 2分
1997年10月11日 VS ウズベキスタン △ 1-1
1997年10月26日 VS UAE △ 1-1

加茂周 2敗
1995年1月6日 VS ナイジェリア ● 0-3
1995年1月8日 VS アルゼンチン ● 1-5