30日朝、先週末の視聴率が発表された。27日(金)は、プロ野球の開幕戦、サッカー日本代表のハリルホジッチ新監督初陣、フィギュアスケート世界選手権が同時開催されるというスポーツ界注目の日だった。

結果は以下

サッカー 日本代表VSチュニジア代表 (19時33分~ 13.6%) TBS系列
プロ野球 巨人 VS DeNA(18時~ 10.7%、19時~ 10.2%) 日本テレビ系列
フィギュアスケート 男子フリー(21時2分~ 15.7%) フジテレビ系列
ビデオリサーチ調べ

サッカー日本代表戦は13.6%、羽生結弦選手人気が健在のフィギュアスケートが15.7%、プロ野球が10.7%といずれも二桁代の数字となった。フィギュアスケートは翌28日に行われた女子フリー・男子フリーの方では17.9%とさらに数字を伸ばしている。

一方、プロ野球は2013年13.0%、2014年10.0%と人気の低迷が叫ばれていたが二桁代をキープ、微増した。

サッカー日本代表はアギーレJAPANの初陣であるウルグアイ代表戦の13.6%と全く一緒の数字となり、まずは前任者と同じ期待感溢れる船出となった。