4月25日、『Sky Italia』など各メディアは「ACミランの買収を計画しているタイの富豪ビー・テイチャウボル氏は、マルチェロ・リッピ氏とファビオ・カンナヴァーロ氏の招へいを計画している」と報じた。

現在大きな話題となっているミランの買収話。タイ富豪のビー・テイチャウボル氏とマルタの投資会社ドーイェン・スポーツなどによるコンソーシアムが既にオファーを送っていると言われている。

しかし、香港の実業家リチャード・リー氏と中国の企業によるコンソーシアムがそれを上回る額のオファーを準備していると言われており、ベルルスコーニ家族はその間で揺れ動いているようだ。

ビー・テイチャウボル氏は以前ミランを買った場合にはパオロ・マルディーニ氏をフロントに迎え入れるという姿勢を見せていると報じられていた。

今回噂になっているのはファビオ・カンナヴァーロ(現広州恒大監督)とマルチェロ・リッピ(元広州恒大監督)。前者を監督として、後者をテクニカルディレクター、あるいはスーパーバイザーとして迎える計画があるのだという。

さらには先日ギリシャのOFIクレタを辞任したジェンナーロ・ガットゥーゾもアシスタントマネージャー、あるいはディレクターとして雇うプロジェクトもあるようだ。

もしこれが現実になるのであれば、ミランのファンにとってはなかなか楽しいことになりそうだが…?