昨夜行なわれたジェノア戦で敗北を喫したミラン。ウディネーゼ戦との連敗を受け、フィリッポ・インザーギ監督は本日中に解任される見込みだが、後任人事としてプリマヴェーラを率いるクリスティアン・ブロッキの昇格が噂されている。

『Calciomercato.com』によれば、ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長とシルヴィオ・ベルルスコーニ会長は状況について話し合いを行い、本日中に決断を下すことで合意したとのこと。インザーギ監督の解任は決定的で、ブロッキが昇格するか、アシスタントコーチのマウロ・タッソッティが代行することになるようだ。

インザーギ解任となればベルルスコーニにとって大きな打撃となるだろう。ベルルスコーニは昨年もクラレンス・セードルフを解任しており、1年以内にクラブのレジェンドを2名もクビにすることになるからだ。