ミランのアタッカー、ロビーニョの完全移籍を狙うサントスが選手を含めた取引を望んでいるようだ。

今シーズン、ミランから古巣のサントスにローンで移籍しているロビーニョ。会長のモデスト・ローマ・ジュニオールはミランと完全移籍について話し合っているようだが、経済的な問題から取引をまとめるのに苦戦しているようだ。

『Calciomercato.com』によれば、サントスは22歳のDF、グスタヴォ・エンヒキとの交換を望んでいるとのこと。ローマ・ジュニオールは以下のように語っている。

モデスト・ローマ・ジュニオール
(サントス会長)

「我々はロビーニョのためにお金を支払えないだろう。サントスはお金が無いんだ」

「代わりに選手をオファーすることになるだろう」
【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】