アルゼンチンのみならず南米において最も熱い試合のひとつと言える、リーベル・プレート対ボカ・ジュニオルスの「スーペルクラシコ」。先日、コパ・リベルタドーレスの舞台で行われた一戦ではもはや格闘技並の激しすぎるバトルが話題にもなった。

そんな熱き「スーペルクラシコ」の女子版、つまり女子チーム同士の対戦も今月行われていた。

試合前の健闘を誓い合うシーンではハグする選手たちもいたのだが、キックオフすると雰囲気が一変…。

キックオフからわずか数秒でいきなりリーベルの選手がラフタックル…男子の試合でもなかなか見られないヒートアップぶりは恐いくらい。その後も激しいプレーの応酬となり退場者も出た試合は0-0の引き分けでタイムアップを迎えている。

女子サッカーでここまで激しいボディコンタクトを伴う試合はなかなかないはず…さすがは南米である。

【厳選Qoly】痛恨敗退の日本代表、森保監督がアジアカップに招集するべきだった5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★