14日、レアル・マドリーとリヴァプールのレジェンドがサンティアゴ・ベルナベウで対戦した。

両チーム合わせて15回欧州を制していることから(※マドリーが10回、リヴァプールが5回)現地メディアでは「Game of 15 European Cups」と伝えられたこのチャリティマッチ。

試合はハリー・キューウェルとマイケル・オーウェンのゴールでリヴァプールが2点のリードを奪ったが、マドリーはロベルト・カルロスのPK2本で追い付くとさらにホセ・アマビスカとイバン・ペレスが決め、きっちり4-2の逆転勝利を飾った。

この試合で見せ場の一つとなったのが、ロベルト・カルロスのこれ。

「悪魔の左足」によるかっこすぎるサイドチェンジ! これぞロベカルである。

ちなみにPKのゴールも、こんな感じ。

これは酷い・・・(褒め言葉)。以下は試合のハイライト。

キューウェルとオーウェンのヘディングシュートも見事だった。