ネイマールのコパ・アメリカ2015は思わぬ形で終わってしまった。コロンビア戦直後の小競り合いでレッドカードを受けると、南米サッカー連盟から4試合の出場停止を言い渡されたのだ。

ドゥンガ監督は「我々はこれまでネイマールなしでもプレーしてきた。準備しなければならない」と述べたが、こんな事態は想定していなかったはず。エースがいなくなったセレソンの戦いぶりが注目される。

さて、ネイマールにとって今回の退場がキャリア6度目となるそうで、そのシーンをまとめた映像が早速お目見えしていたので紹介。

2010年3月、サンパウロ州選手権vsパウメイラス(一発レッド)
2011年4月、コパ・リベルタドーレスvsコロ・コロ(イエロー2枚)
2011年10月、全国選手権vsアトレチコ・ミネイロ(イエロー2枚)
2012年10月、全国選手権vsグレミオ(一発レッド)
2013年2月、サンパウロ州選手権vsポンチ・プレッタ(一発レッド)
2015年6月、コパ・アメリカvsコロンビア(試合後一発レッド)

6度の内わけはこのようになる。サントス以外で退場になるのは今回が初のようだ。