ベラルーシリーグであまりにハートフルなゴールが生まれた。

1部リーグのFCスウツクは29日、FCネマンと対戦。

試合はアウェイのFCスウツクが0-3とリードする状況であり、試合終了間際の88分、MFセルゲイ・レヴィツキーがダメ押しとなる4点目をゲットし勝ち点3を確かなものとした。

試合はほぼ決まったようなもの。にもかかわらずゴールを決めたレヴィツキーはどこかに向かって全力疾走する。

画面中央がレヴィツキー。

ゴールしてサポーターのもとに向かうシーンはよくあるのだが、レヴィツキーが向かったのは・・・?

なぜかチームスタッフのもと。

しかもこのレヴィツキー、このスタッフから何かを受け取りさらに加速し・・・

レヴィツキーが向かった本当の目的地は?

そう、愛する恋人のもとだ。

実はこのレヴィツキー、ゴールパフォーマンスとしてスタジアムでプロポーズをしたのだ!

手もとにあるのはおそらく結婚指輪。この素敵なサプライズにスタンドのお客さんからは大きな拍手が送られた。

レヴィツキーのからの指輪を彼女は受け取り、スタジアムでKiss!

結果はどうやら成功だったようだ。おめでとう!