総務省統計局によれば、平成24年度における日本全国の男性の平均身長は167.3cmであるそうだ。

これはオランダやデンマーク、ドイツより10cmほど低い数字である。こうして改めて数字を見ると、その身長差に驚かされる。

では、背の高い選手だけで世界最強のチームを作ると、一体どのようなメンバーになるのだろうか?

「背が高い」と言っても、定義はいろいろある。

一般的に考えれば、日本人にとって身長185cmのクリスティアーノ・ロナウドは大柄であり、201cmのピーター・クラウチももちろんそうだ。

しかし、世界的に見ると185cmの選手は山のようにおり、逆に200cmを超える世界的プレーヤーはそこまで多くない。そこで今回は「190cm」という基準を設け、世界最強のベストイレブンを組んでみた。

選手の身長は所属クラブのHPを参照とする。しかし、ユヴェントスなどはオフシーズンのためか選手情報が一時的にすべて削除されており(それでいいのか・・・)、所属クラブに記載がない場合は、FIFAのHPを参考にする。

ユーゴスラビア代表北欧の時と同様に、選出は編集部Sの独断と偏見である。できる限り様々なリーグやクラブからバランス良くメンバーを選び、世界で最も強いであろうドリームチームを選ぶ。

システムはダイヤモンド型の4-4-2。DFの表記は右から順にしている。

なお、今回は高身長の選手を扱っているということもあり、迷う選手がいた場合はより身長が高い方を選ぶことにしている。

GK:ティボー・クルトワ(199cm / チェルシー)

加入一年目から圧巻のパフォーマンスを発揮したチェルシーの新守護神。昨年4月の段階ですでにキャリア通算100クリーンシートを達成しており、まだ23歳というのが末恐ろしい。バイエルンGKマヌエル・ノイアーと迷ったが、199cmという圧倒的なインパクトでクルトワを選出した。お姉さんはバレーボール選手

【次ページ】DFラインは全員191cmと192cm