8月18日、『Mirror』は「レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、世界で最も寄付した額が多いスポーツ選手になったと発表された」と報じた。

これはニューヨークに本部を置いている非営利組織(NPO)のDoSomething.orgが発表したものであるとのこと。1993年に俳優のアンドリュー・シューらが中心となって設立され、様々な慈善活動や啓発活動を行っている。

DoSomething.orgはアスリーツ・ゴーン・グッドというランキングで世界で最も慈善活動に貢献したスポーツ選手のトップ10を発表し、その中でクリスティアーノ・ロナウドが1位に選出された。

「ロナウドは脳手術を必要としている10歳のファンに8万3000ドル(およそ1000万円)を寄付し、彼の母親の手術を行った癌センターに16万5000ドル(およそ2000万円)の資金を提供した。様々なものにお金を与えている。

さらにロナウドは少年の飢餓、肥満、生物多様性など、様々な問題に関してのグローバルな広報担当者として、彼の名声を使っている」

なおアスリーツ・ゴーン・グッドのリストは以下の通りで、サッカーではブラジル代表FWネイマールが5位に入っている。

  1. クリスティアーノ・ロナウド(サッカー)
  2. ジョン・シナ(プロレス)
  3. セリーナ・ウィリアムズ(テニス)
  4. キム・ヨナ(フィギュアスケート)
  5. ネイマール(サッカー)
  6. レブロン・ジェームズ(バスケットボール)
  7. ヘザー・オライリー(サッカー)
  8. マリア・シャラポワ(テニス)
  9. モーネ・デイヴィス(野球)
  10. リチャード・シャーマン(アメリカンフットボール)
  11. チャーリー・ホワイト&メリル・デイヴィス(フィギュアスケート)
  12. ダン・カーター(ラグビー)
  13. ローマン・レインズ(プロレス)
  14. ロンダ・ラウジー(格闘家)
  15. リンゼイ・ボン(アルペンスキー)
  16. トム・デイリー(飛び込み)
  17. ベサニー・ハミルトン(サーフィン)
  18. サイナ・ネワール(バトミントン)
  19. ポール・ラビル(ラクロス)
  20. シャヒッド・アフリディ(クリケット)