先週末、第4節が終了したプレミアリーグ。

ここまで4試合を終えて全勝しているのはマンチェスター・シティのみであり、クリスタル・パレスやレスター、スウォンジーといった伏兵が上位を独占している。

今週からインターナショナルマッチウィークがスタートするためプレミアリーグはミニブレイクに突入するわけだが、ここまで全40試合の「ある内訳」がかなり変わったものになっているようだ。

英国『Sky Sports』によれば、この40戦のうちホームチームが勝利したのはわずかに9試合。アウェイチームが勝利したのはその倍近い17試合だったそうだ。

これを勝率に直すと以下のようになる。

ホームチームの勝率:22.5%
アウェイチームの勝率:42.5%

サッカーは「ホームアドバンテージ」が大きいスポーツであるが、それにしても22.5%という数字は低い水準であるだろう。

今シーズン、ここまでホームゲームで勝利できていないのは20チーム中13チーム。なかでもウェストハムはここまで2勝2敗で8位につけているのだが、この2勝はアウェイでの勝利である。また2敗はいずれもアプトン・パークでの黒星であり、ちょっと不思議な戦績だ。

『Sky Sports』によれば。1888年以降のホームチームの勝率は減少傾向にあり、1895年は65%だったにもかかわらず、2012-13シーズンは42%であったようだ。また、アウェイチームの勝率も上昇しており、2014-15シーズンは31%であったそうだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】