元フランス代表FWジブリル・シセが現役から引退するようだ。『Dailymail』や『L'ÉQUIPE』などが伝えている。

また、オセール時代の恩師ギー・ルーからメッセージを目にした際には、涙を浮かべていたという。

フランス代表として41試合に出場したシセは34歳。オセールで華々しいデビューを飾った後、リヴァプールへ移籍。その後、マルセイユやラツィオなどを含め、6か国でプレーした。

ギー・ルーはオセール時代にトップチームに引き上げてくれた恩師である。

メッセージのなかで、シセについて「フットボールをプレーするのが本当に大好きで、ハードワークの準備ができていた若い少年だった」などと述べていたという。

その言葉に感極まったシセは、ギー・ルーの誠実さと励ましが、自分の成長の鍵になったと語っていたそうだ。

【厳選Qoly】川村拓夢も!サンフレッチェ広島ユースが輩出した「地元出身」の最高傑作6名