ペルー代表のリカルド・ガレカ監督は26日、来月行われる2018年W杯・南米予選のパラグアイ、ブラジル戦に向けた国外組のメンバー14人を発表した。

ガレカ監督は今月のチリ戦で退場処分を受け、パラグアイ戦には出られないクリスティアン・クエバを引き続き招集した。一方でその代替候補の1人として名前が挙がっていたクリストフェル・ゴンサレスも招集している。

パラグアイ戦は13日にホームで、ブラジル戦は17日に敵地で行われる。

なお、国内組のメンバーは後日発表される予定。


クラウディオ・ピサーロ / Claudio Miguel Pizarro Bosio
(ヴェルダー・ブレーメン/GER)

パオロ・ゲレーロ / José Paolo Guerrero Gonzáles
(フラメンゴ/BRA)

ジェフェルソン・ファルファン / Jefferson Agustín Farfán Guadalupe
(アル・ジャジーラ/UAE)

フアン・マヌエル・バルガス / Juan Manuel Vargas Risco
(ベティス/ESP)

ルイス・アドビンクラ / Luis Jan Piers Advíncula Castrillón
(ブルサスポル/TUR)

カルロス・サンブラーノ / Carlos Augusto Zambrano Ochandarte
(アイントラハト・フランクフルト/GER)

ジョシマール・ジョトゥン / Víctor Yoshimar Yotún Flores
(マルメ/SWE)

パオロ・ウルタード / Christopher Paolo César Hurtado Huertas
(レディング/ENG)

アンドレ・カリージョ / André Martín Carrillo Díaz
(スポルティング・リスボン/POR)

レナト・タピア / Renato Fabrizio Tapia Cortijo
(トゥウェンテ/NED)

ジョルディ・レイナ / José Yordy Reyna Serna
(レッドブル・ザルツブルク/AUT)

クリスティアン・クエバ / Christian Alberto Cueva Bravo
(トルーカ/MEX)

カルロス・アスクエス / Carlos Antonio Ascues Ávila
(ヴォルフスブルク/GER)

クリストフェル・ゴンサレス / Christofer Gonzáles Crespo
(コロコロ/CHI)