6日、『Express』は「イングランド・プレミアリーグのチェルシーとリヴァプールは、インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの獲得を狙っている」と報じた。


昨年から今年にかけて移籍の噂が多く流れていたイカルディ。最終的には大幅な昇給がなされた新契約にサインし、インテルに残留した。

しかし記事によれば、イカルディに対してはチェルシーとリヴァプールが関心を維持しているとのことで、1月のマーケットでのターゲットになるという。

また、スペイン方面の情報ではイカルディがインテルを離れることを検討しているとも伝えられている。

チェルシーとリヴァプールは現在センターフォワードに苦しんでいるクラブであり、経済的にも豊かだ。イカルディにとっても悪くない話になる可能性はあり、どのような動きがあるのか注目される。

イカルディは今季セリエAでは9試合に出場して3ゴールを獲得しているが、先週末のローマ戦ではベンチに座ったまま出番がなかった。