『ESPN』は「元ドイツ代表GKイェンス・レーマンは、パリ・サンジェルマンとバイエルン・ミュンヘンは、アーセナルのように無敗優勝が可能だと話した」と報じた。

2003-04シーズンにイングランド・プレミアリーグを席巻し、一度も黒星を喫するこことなく優勝を果たしたアーセナル。「インヴィンシブルズ」と呼ばれたこのチームでゴールマウスを守ったのがレーマンだった。


『France Football』の取材に応えたレーマンは、パリ・サンジェルマンはアーセナルと同じように無敗でシーズンを終えることが可能だろうと話した。

また、無敗でプレミアリーグを戦い抜けた理由については、怪我人を出さなかったことが大きな要因だったとも話している。

イェンス・レーマン

「彼ら(パリ・サンジェルマン)は、無敗優勝を達成するための手段と可能性を備えている。経済力を考えれば、むしろそれをやる必要があるだろう。

しかし、私はまたバイエルン・ミュンヘンも無敗のままドイツ・ブンデスリーガを制覇できると見ているよ。彼らはこの数ヶ月傑出したレベルでプレーしてきている」

「(無敗優勝したときのチームについて)

我々はスピーディな試合をすることが出来た。今の大部分のクラブよりも。今季のアーセナルよりも速かった。特に攻撃陣にはとてもスピードがある選手がいたからね。

また、我々は誰も負傷者を出さなかったことも幸運だったんだ。例えば、ティエリ・アンリだ。彼はあのシーズンの中心選手であったが、全く離脱することがなかった」