プレミアリーグは第17節を終了。

年内のうちに前半戦の全19節が終了し、年をまたぐとともに後半戦がスタートするという日程になっている。

そんなここまでのプレミアリーグでのベストイレブンを、英国『Sky Sports』で解説を務めているティエリ・アンリやジェイミー・キャラガーが選んでいる。

GK:ジャック・バットランド(ストーク)
DF:エクトル・ベジェリン(アーセナル)
DF:トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム)
DF:クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)
DF:ナチョ・モンレアル(アーセナル)
MF:エンゴロ・カンテ(レスター)
MF:ロス・バークリー(エヴァートン)
MF:リヤド・マフレズ(レスター)
MF:メスト・エジル(アーセナル)
MF:アレクシス・サンチェス(アーセナル)
FW:ジェイミー・ヴァーディ(レスター)

こちらがその顔ぶれだ。視聴者からの投票をもとに、アンリとキャラガーが選出したという。

シェイミー・ヴァーディやメスト・エジルといった今季のMVP候補選手が並んでおり、その他にもレスターを陰で支えるエンゴロ・カンテやマンチェスター・ユナイテッドで孤軍奮闘するクリス・スモーリングを選ぶなど、「さすが解説者」といった人選が光る。

最も多い選手はアーセナルで4人。首位を走るレスターからは3選手がピックアップされており、今朝の試合でアーセナルに敗れたマンチェスター・シティからは1人も選出されていない。