26日、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティは「2016年夏から使用する新たなエンブレムが決定した」と公式発表した。

このデザインについては先日イギリス政府機関が新たな商標としてホームページに公開してしまったため、そもそも数日前に漏れていたのだが……

それはともかく、今回それが公式に発表された形となり、リークは見て見ぬ振りして盛大に行われたということである。

マンチェスター・シティは10月からクラブの内部で討論を行った上、現在のエンブレムがサポーターに支持されているかどうかを調査した。

クラブのファンコミュニティに入会しているメンバーが公式の会合に招待され、さらにオンラインのコミュニティサイトでも様々な意見が募集された。

その結果、1972~1997年の間に使われていた丸形のエンブレムが現在でも多くの支持を集めているという結論が出された。

発表によれば、丸形デザインを支持したのは意思を表明したメンバーのおよそ3分の2。現在使われているものを支持したのは3分の1と少数派であったという。

そして、色については青がもちろん94%、白が68%となり、この2種類が基調となるデザインが選択された。

シンボルについてはマンチェスター・シップが85%、3本の河川が67%、そして赤いバラが60%の支持を集めている。