リーガ24節、スポルティング・ヒホン対ラージョ・バジェカーノ戦でアレン・ハリロヴィッチがゴールを決めた。

左サイドを走ったホニーへ絶妙なパスを送ったハリロヴィッチ。ボックス内でリターンを受けようとしたが、思ったタイミングでパスが出てこず…。

一旦は諦めかけたが、すぐに動き直して裏でボールを貰うと最後はスライディングでゴールに流し込んだ。

この日は前半9分からの途中出場だった19歳ハリロヴィッチの今季3点目となるゴールで勝ち越したヒホン。だが、後半に追いつかれて2-2のドローで試合は終了している。

試合後、ハリロヴィッチは「ラージョはいいプレーをしていた。いい勝ち点だし、僕らは4試合負けなしさ。ロッカールームで僕らはハッピーだった」などと述べていた。そして、ミッドウィークに控えている“親元”バルセロナとの対戦については、非常に楽しみにしているようであった。