スウェーデンとのプレーオフに敗れ、EURO2016への出場権を逃したデンマーク。

チームを15年間率いてきたモアテン・オルセン監督は退任し、オーゲ・フリトヨフ・ハレイデが新たな指揮官に就任している。6月にはキリンカップに参加するため来日する予定だ。

そんなデンマークはこの3月、2試合の強化試合を行った。

初戦のアイスランド戦はニコライ・ヨルゲンセンの2ゴールもあり2-1と勝利。29日はハムデン・パークでスコットランドと対戦したのだが、チームキャプテンを務めるダニエル・アッガーがやってしまった。

0-0で迎えた8分、スコットランド選手のパスがズレてしまい、ボールはアッガーの背後へ。

するとアッガーは足を止め、追ってくるスコットランドMFマット・リッチーに体を預けようとした。ボールをGKカスパー・シュマイケルに任せようとしたのだ。

しかし、リッチーは簡単にアッガーをかわしてボールを掻っ攫い、左足でシュート!あっさりと先制ゴールを奪った。

この直後、アッガーとシュマイケルはピッチ上で激しく口論をしていた。

アッガーからすれば、もっと近くにシュマイケルがいるものだと思っていたのだろう。

しかし、最終ラインの選手としては「セーフティ」なプレーは第一のはず。試合が序盤であったことを考えると、この場面ではクリアで問題はなかったはずであり、シュマイケルにボールを任せるならリッチーに進入を許してはならなかった。

アッガーほどの実力者からすると、少々がっかりするようなミスであった。

なお、試合はこのまま1-0でスコットランドが勝利している。