先週末に行われたプレミアリーグの第32節。

マンチェスター・ユナイテッドはホームにエヴァートンを迎え、枠内シュート数わずか2本ながら1-0で勝利した。

そんなこの試合の決勝点になったアントニ・マルシャルのゴールは、プレミアリーグが発足して以来オールド・トラッフォードで生まれた記念すべき1000得点目となった。

1992年にプレミアリーグが誕生して以来、458試合目のリーグ戦でホーム通算1000得点を達成したユナイテッド。これはプレミアリーグ史上初の快挙であり、アーセナルでさえホームゲームでの総得点は916だ。

そんななか、ファンの間ではオールド・トラッフォードでメモリアルなゴールをあげた選手の一覧が話題となっている。

1ゴール目から1000ゴール目まで、100人単位で見てみると…

1ゴール目:デニス・アーウィン
100ゴール目:エリック・カントナ
200ゴール目:ポール・スコールズ
300ゴール目:アンディ・コール
400ゴール目:オレ・グンナー・スールシャール
500ゴール目:ライアン・ギグス
600ゴール目:オレ・グンナー・スールシャール
700ゴール目:クリスティアーノ・ロナウド
800ゴール目:ウェイン・ルーニー
900ゴール目:香川 真司
100ゴール目:アントニ・マルシャル

なんという豪華な面々だろう!

メモリアルゴールの樹立者はそれぞれクラブのレジェンドであり、その中に香川真司の名も含まれていたのだ。

マンチェスター・ユナイテッドによるオールド・トラッフォードでのプレミアリーグ通算900点目は、2012-13シーズンの第28節ノリッジ戦。

この試合で香川はハットトリックを記録するのだが、その1点目がメモリアルなゴールとなった。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら