『Gazzetta dello Sport』は元ブラジル代表FWアドリアーノのインタビューを掲載した。

インテルに引き抜かれたことで若くしてイタリアに活躍の場を移し、パルマで中田英寿、アドリアン・ムトゥらと「トリデンテ」を構成したことで知られるアドリアーノ。

その後インテルに復帰して数年活躍を続けたものの、プライベートも含めて様々なトラブルに見舞われてしまい、その輝きを失っていった。

そして長くピッチから離れざるを得なくなっていたが、先日アメリカ4部のマイアミ・ユナイテッドに加入し、再びサッカーの舞台に戻ってきている。

先日はアメリカでの初ゴールを決めて大きな話題となった彼は、『Gazzetta dello Sport』の取材に対して以下のように話した。

アドリアーノ

「僕はあの国を愛している。そして、インテルは僕の心にあるクラブなんだ。これを言うとき、僕はとても誠実だよ。

常に興奮していた。クルヴァ・ノルドが僕を応援する歌を歌っているのを聴いたときにはね。

いくらかの人々は、ウソの物語を作り出して公開する前に、僕自身か、あるいは近しい人々に聞いてみるべきだよ。

僕は長い間筋肉の損傷によって苦しめられてきた。しかし、それについては誰も知らない。

父を失った時は、とても難しい状況になった。本当に厳しかった。そんなとき、家族は大いに僕を助けてくれた。

僕は常に彼らと親密な関係を続けようとしている。亡くなった父と常に共に過ごしているようにね。彼はまだ僕と共にいるよ。今もね。そして、僕をいつも見守ってくれているだろう」