世界中がレスターの優勝に沸いた2日。

Twitter上では、DFクリスティアン・フックスが投稿したある動画が大きな話題を呼んでいた。

フックスが紹介したのは、レスターの優勝决定に歓喜する選手たちの様子だ。

この日試合のなかったレスターの選手たちはジェイミー・ヴァーディの家でチェルシー対トッテナム戦を観戦していた。そしてチームのムードメーカーでもあるフックスは、タイムアップのホイッスルが鳴る瞬間の映像をTwitterにアップ。

優勝決定の直後に投稿されたこと、さらには選手たちの喜びや臨場感がひしひしと伝わる内容であったこともあって、このツイートは瞬く間に拡散された。

そんなこのツイートのリツイート数を見てみると…

日本時間4日(水)の午前現在、なんと22万を超えていた!

22万RTというのは、Twitter的に見ても相当な数だ。

例えば、2015年に最も拡散された日本語アカウントによるツイートは、17万RTほどであった。また、世界ランキングで見ても10位が25万ほどであり、フックスのツイートがそれに匹敵するものであることが分かる(投稿から1日しか経過しておらずRT数はより伸びることが予想される)。

フックスはオーストリア代表選手であるが、知名度がそこまで高いわけではない。フォロワーも7万7000ほどであるが、それでも22万RTを記録するというあたりにこのツイートの価値が表れている。

ちなみに優勝決定後、レスター公式が最初に投稿したこちらのツイートはすでに40万RTを超えている。

昨年の世界ランキングで言えば、43万RTほどを記録したバラク・オバマ大統領のツイートが4位であったという。

こうしたランキングに「人」ではなく「チーム」のアカウントのものが入るかは分からないが、レスターの優勝が世界的にどれだけ話題となったかが分かる。