2015-16シーズン、奇跡ともいえる快進撃で見事リーグ優勝を達成したレスター・シティ。1992年創立のプレミアリーグでは6番目の優勝クラブとなり、クラブ132年の歴史で初めてのトップリーグ優勝となった。

来季は欧州の頂点を争うUEFAチャンピオンズリーグに初出場するだけに、戦力の維持とともに補強の方も注目される。

Leicester City 2016-17 Puma Away

そんなレスターが30日に発表した新しいアウェイユニフォームがこちら。

青のホームに続いて登場したのは、なんと赤のアウェイ。「栄光」を表現したグラデーションのボーダー柄は日本のジュビロ磐田でもお馴染みだ。

全身赤のコーディネートは、2014-15サードで久々に復活したもの。ただ、赤はローカルライバルであるノッティンガム・フォレストのチームカラーであるため、今回のユニフォームにも拒否反応を示しているレスターファンがいるようだ。

たしかに、「青」と「赤」はサッカーにおいて大違い。昨年1月に無事解決したものの、アジア人オーナーのもとではカーディフのような例もあるだけに、今後も赤が使われていくのかちょっぴり気になるところである。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら